05

岩﨑 研太

航空貨物・通関業務 / Air Cargo

地元の空港を一からつくり上げることに魅力を感じた。

小さい頃、家族と一緒に自衛隊の航空ショーを観に行き、航空機そのものの格好よさに魅了されました。仕事として意識するようになったのは、中学生の時に読んだ1冊の航空関係の本の影響。その中でグランドハンドリングの仕事の存在を知り、その仕事内容に興味を覚えたのです。高校卒業後は大阪の航空専門学校へ進学し、グランドハンドリングの勉強に夢中になりました。最初の就職先は就職活動と空港の開港時期が重なったこともあり、神戸空港のハンドリングを行う会社へ。「空港づくりに1から参加できる貴重な機会」ということも、進路を決めた理由の一つでした。そして、2年目の終わり頃。今度は自分の地元に新しく空港が開港することになり、自分自身の神戸空港の立ち上げに参加した経験を活かせるのではと転職を考えるようになりました。「生まれ育った地元に貢献したい」という思いも強かったですね。しかし、人生2度目の空港の立ち上げは苦労の連続でした。というのも、新しい空港の立ち上げに集まった仲間は各地の空港で実績のあるプロばかり。そのため、エスエーエスとしての作業方法や連携の仕組みを一つにまとめることに時間がかかったのです。ただ、この時期に何度もコミュニケーションを取りながら挑戦し続けた経験は、その後の成長と自信に大きくつながったと思います。

一人ですべて担当するからこその、責任とやりがい。

エスエーエスではランプハンドリングを6年間経験した後、貨物担当になりました。貨物業務は、運送業者や個人のお客様からお預かりした貨物を空港から空港へと輸送する業務です。ここでは国内貨物担当1名、国際貨物担当1名の体制で業務を行っています。具体的には、お客様から貨物を受託して重量を量り、運賃を計算、その後、航空機に積み込むための準備を行い、ランプハンドリングの担当者に引き継ぐのですが、この業務は常に時間との戦いです。国内線の場合、貨物の受託から積み込みまでの時間は非常に短く、その間に運べる荷物かどうかの判断を行ったり、航空機のどの位置にどのくらいの貨物を積めば機体の重心を保つことができるかを計算したり、様々な作業を一人でこなさなければなりません。難しさも苦労も絶えない仕事ですが、そのぶん時間内に貨物の積み込みが完了し、定時で出発させられた時には大きなやりがいを感じることができます。また、この貨物の仕事は、業務的な知識と経験が欠かせない仕事です。担当して1年も満たない私とは異なり、長年の経験を積んでいる先輩の瞬時の判断力にはいつも驚かされます。私自身も、早め早めに状況判断をしていく力をもっと磨いていきたいですね。

家族や友達のエールも、仕事の大きな励みに。

エスエーエスの一番の魅力はハンドリングスタッフ一人ひとりが業務をマルチにできることではないでしょうか。地方の空港は羽田空港のような大規模な空港ではないため、スタッフがランプハンドリングと貨物業務を兼務したり、ランプから給油、航務に異動したり、一人で様々な業務を担当することが可能です。たとえば、私自身、ランプハンドリング業務ひとつを例に挙げても、プッシュバックやマーシャリングを担当することもありました。また、エスエーエスの事業所は日本各地にあるため、自分の生まれ育った地元の空港で働けることも大きな魅力です。地元に住む家族や友だちが空港まで足を運び、声を掛けてくれることは、きっと仕事の大きな励みになります。今後は、まだ経験したことのない業務にもどんどん挑戦したいですね。そして、複数の業務を経験することで、一つひとつの業務の精度をさらに高めていきたいと考えています。

My Message!

エスエーエスは社員間のコミュニケーションを大切にしていて、チームワークもとても良いと思います。また、若いスタッフが多くエネルギーに満ちあふれている職場です。「航空機が好き」「地元を愛している」など、同じような思い、志を持った皆さんへ。大きな空港ではできない挑戦を一緒にやっていきましょう。

My Message!