いわて花巻空港Iwate Hanamaki Airport

08

森脇 茜

森脇 茜

旅客ハンドリング / Passenger Handling

子供の頃に家族旅行で飛行機を利用した際、空港で働いていた職員がキラキラ輝いて見え、憧れを抱きました。高校卒業後は航空専門学校に進学。就職活動中にFDAが「地方と地方を結ぶエアライン」ということを知り魅力を感じました。現在は、いわて花巻空港にてカウンター業務や、お客様を搭乗口にご案内するゲート業務、到着ロビー業務を担当。仕事中は常に安全を最優先とし、たとえば検査を終えたカバンでも一度開けた場合は必ずもう一度検査するようにしています。また、機内に持ち込めない物や運送できない物をお持ちのお客様に対しては、ご理解いただけるように説明することも欠かしません。飛行機に携わる一人ひとりが安全に対する意識や行動、責任を共有し、繋げていくことで、今日も安全な飛行機が空に飛び立つと信じています。

今後の目標は、今までは基礎を固めるところに重きを置いてきましたが、これからは状況を察知し迅速に判断する力や積極性を表に出して周りをひっぱっていけるようにステップアップしたいです。エスエーエスでは年度始めに業務目標を設定し、年に二回面談があります。社員の意見を聞いてくれる体制が整っており、一人一人を大切にしてくれるのが魅力です。また各事業所で年二回、レクレーションが開催され社員同士の絆も深いです。いわて花巻事業所は、旅客、ランプ、航務の三部門が一緒のオフィスなのでコミュニケーションが円滑で、プライベートでは冬にスキーやスノーボードに出かけるなど仲もとても良いです。エスエーエスは一人一人の仕事の幅を広げる業務のマルチ化推進や国際線チャーターハンドリング事業の開拓などチャレンジ精神溢れる会社で、自分の可能性を最大限試したい方にぴったりです。一緒に働きましょう。

09

伊藤 勝友

伊藤 勝友

ランプハンドリング / Ramp Handling

幼い時に初めて航空機に搭乗した時に空港で見た光景が忘れられず、大きくなったらこの仕事に就きたいと思ったのがこの業界に入ったきっかけです。そして専門学校を卒業した後、羽田空港や成田空港でランプハンドリングの仕事をしていました。しかし、自分の地元である花巻の空港にエスエーエスの事業所が開設されると聞き、少しでも役に立ちたいと思い転職しました。現在の業務内容は、航空機の地上誘導に始まり、手荷物の搭降載・仕分け、航空機の牽引作業、防除雪氷作業まで、多岐にわたります。さらに、いわて花巻空港ではANH(オールニッポンヘリコプター)の整備補助作業なども担当。月に数回程度ですが、航務業務も行っています。一つの会社でこれだけ幅広い業務に携われるのは、エスエーエスならではの魅力ではないでしょうか。

お客様と直接関わることが少ないランプハンドリング業務でも、より良いサービスの提供が出来るよう心がけて業務に当たっています。そして遅れて到着した航空機を皆で力を合わせて定刻で出発させた時にやりがいを感じます。また、エスエーエスはFDAと兄弟会社なのですが、震災を機にスタートした「名古屋・陸前高田“ともだち”プロジェクト」にFDAが参画した一環で陸前高田の中学校で航空教室を行ったことも印象に残ってます。地方空港は都市部の空港に比べて便数や航空機の機種が少ないですが、アットホームな雰囲気があり、たくさんの先輩の下で様々な業務を身近に感じる事が出来ます。ランプ・旅客・航務の各部署の社員が一つの事務所に一緒にいるため、先輩後輩たちと色々な事を話してコミュニケーションが取れて風通しのよい職場です。ぜひ私達と一緒に働きませんか?